サステナビリティSustainability

ベトナムへの学校建設

ベトナム社会主義共和国に小学校・図書館を建設

~「教育の先に明るい未来がある」と示すことで教育の持続性を支える~

学校給食サービス事業を中心に食を通じて教育に関わる企業として、未来を担うアジアの子どもたちの教育環境の整備により、日本の子どもたちと双方向型の教育支援を実現したい。株式会社ニッコクトラスト創立80周年を機に検討をはじめました。
ただ校舎を建設して傷めば放置されてしまうのではなく、未来に持続する為の仕組みが大切だと考え、東南アジアに学校建設の実績があるNPO法人の中からアジア教育友好協会(以下「AEFA」とします)と協定を締結し「社会貢献」の象徴的な活動として、ベトナム社会主義共和国バグザン省カムリ社への学校校舎、図書館の建設及び教育支援を行っていきます。

建設予定地

建設予定地

現地に合った完成後のフォローで持続・自立を支えます

AEFAは村人参加の学校づくりで建設や修繕を行い、現地に合った完成後のフォローで持続・自立を支え、日本の小中学校とフレンドシップ交流などを現地のNGOとパートナーシップを組んで活動しています。また、ベトナムは地方の少数民族を中心に貧困層が多数存在しており、社会・生活面の向上と貧困削減、格差是正を図る支援が重視されている状況です。貧困問題解決への一番の近道は教育であるため、子どもたちの視野を拡げ、考える力を養うために重要な読書ができるよう、800冊の本が備わった40人程度が収容できる図書室も校舎に併設して建設することにしました。また、将来的に給食の提供も目論んで学校菜園や地域菜園を設置することも検討しています。これが実現すると学校菜園に参加することで子供たちは、化学肥料を使わない有機農法や安全性、栄養価の高い農作物を食べることの重要性を学んでいくことができ、食育活動にも繋がっていきます。

建設の進捗状況

建設中
閉校式
レインボーライブラリー(図書館)
日本との交流

新校舎建設予定地 - 中学校に隣接した5000平方メートルの土地

ベトナムの初等教育の普及率は改善が著しく、小学校の就学率は95%を超えています。一方で、中学校の就学率は約80%、高校は約60%と、農村地域・山岳地域を中心に中等教育以上の教育の就学率が低い現状があります。
ベトナム政府は、この都市と農村部の教育格差の是正に取り組んでおり、バクザン省も、カムリ社のような農村地域の教育環境整備を望んでいますが、資金は潤沢ではなく限られた予算の中での改善を模索しています。

新校舎建設予定地

着工式

株式会社ニッコクトラストの創立80周年記念事業の一環である「ベトナム社会主義共和国 カムリII小学校及び図書館の建設」につきまして、新型コロナウィルス感染拡大の影響により遅れておりましたが、2021年10月15日、着工式が無事執り行われました。 着工式では、関係者の健康と安全、無事の完成が祈られ、地域コミュニティ・子どもたち・先生方も待ちに待った学校と図書館プロジェクトが、現地でいよいよ動き出しました。

着工式
着工式