サステナビリティSustainability

ベトナムへの学校建設

ベトナム社会主義共和国に小学校・図書館を建設

~「教育の先に明るい未来がある」と示すことで教育の持続性を支える~

学校給食サービス事業を中心に食を通じて教育に関わる企業として、未来を担うアジアの子どもたちの教育環境の整備により、日本の子どもたちと双方向型の教育支援を実現したい。株式会社ニッコクトラスト創立80周年を機に検討をはじめました。
ただ校舎を建設して傷めば放置されてしまうのではなく、未来に持続する為の仕組みが大切だと考え、東南アジアに学校建設の実績があるNPO法人の中からアジア教育友好協会(以下「AEFA」とします)と協定を締結し「社会貢献」の象徴的な活動として、ベトナム社会主義共和国バグザン省カムリ社への学校校舎、図書館の建設及び教育支援を行っていきます。

建設予定地

建設予定地

現地に合った完成後のフォローで持続・自立を支えます

AEFAは村人参加の学校づくりで建設や修繕を行い、現地に合った完成後のフォローで持続・自立を支え、日本の小中学校とフレンドシップ交流などを現地のNGOとパートナーシップを組んで活動しています。また、ベトナムは地方の少数民族を中心に貧困層が多数存在しており、社会・生活面の向上と貧困削減、格差是正を図る支援が重視されている状況です。貧困問題解決への一番の近道は教育であるため、子どもたちの視野を拡げ、考える力を養うために重要な読書ができるよう、800冊の本が備わった40人程度が収容できる図書室も校舎に併設して建設することにしました。また、将来的に給食の提供も目論んで学校菜園や地域菜園を設置することも検討しています。これが実現すると学校菜園に参加することで子供たちは、化学肥料を使わない有機農法や安全性、栄養価の高い農作物を食べることの重要性を学んでいくことができ、食育活動にも繋がっていきます。

建設の進捗状況

レインボーライブラリー(図書館)
日本との交流

新校舎建設予定地 - 中学校に隣接した5000平方メートルの土地

ベトナムの初等教育の普及率は改善が著しく、小学校の就学率は95%を超えています。一方で、中学校の就学率は約80%、高校は約60%と、農村地域・山岳地域を中心に中等教育以上の教育の就学率が低い現状があります。
ベトナム政府は、この都市と農村部の教育格差の是正に取り組んでおり、バクザン省も、カムリ社のような農村地域の教育環境整備を望んでいますが、資金は潤沢ではなく限られた予算の中での改善を模索しています。

新校舎建設予定地

着工式

株式会社ニッコクトラストの創立80周年記念事業の一環である「ベトナム社会主義共和国 カムリII小学校及び図書館の建設」につきまして、新型コロナウィルス感染拡大の影響により遅れておりましたが、2021年10月15日、着工式が無事執り行われました。 着工式では、関係者の健康と安全、無事の完成が祈られ、地域コミュニティ・子どもたち・先生方も待ちに待った学校と図書館プロジェクトが、現地でいよいよ動き出しました。

着工式
着工式

現地からのメッセージ動画

建設中(11月30日現在)

 10月15日から着工され、コロナ禍での遅れを挽回すべく、地元の建設業者を中心に全力で工事を行っています。5教室の校舎と図書館ともに地縄張り、遣り方、堀削工事を経て鉄筋コンクリートに必要な鉄筋を組み立てます。次に型枠を組み、アンカーボルトを設置し、型枠の中にコンクリートを流し込む「コンクリート打設」を行い、11月30日現在、型枠を外すまで日数を置いている養生の状態です。今後は型枠を外し仕上げることでようやく基礎工事が完了し、壁の工事に入っていく予定です。
 新たな変異株の影響が懸念されますが、このまま順調に工事が進捗すれば来年2月には竣工できる見通しです。完成が楽しみです。

養生の様子

養生の様子

型枠組みの様子

型枠組みの様子

建設中(12月29日現在)

 教室の校舎は壁の立ち上げを経て屋根の取り付け工事が終了し、壁のしっくい塗りを行っています。図書館は壁の立ち上げとしっくい塗りが終了し、これから屋根の取り付け工事に入っていく予定です。コロナ禍での遅れを挽回すべく、地元の建設業者を中心に今年2月の竣工を目指しています。

しっくい塗りの様子

しっくい塗りの様子

建設中の図書館

建設中の図書館

各施設の完成(1月28日現在)

 コロナ禍での遅れを挽回し、外壁もきれいに塗装され、5教室及び教員室の校舎、トイレ、図書館の各施設が完成しました。図書館の外壁はニッコクトラストのコーポレートカラーで塗装して頂きました。今後は校舎への備品搬入と壁画のペインティング、図書館内には800冊の本とパソコンなどの備品設置、屋外にはテーブルやベンチ、植栽や花壇などが整備され竣工となる予定です。

完成された校舎

完成された校舎

コーポレートカラーで塗装された図書館

コーポレートカラーで塗装された図書館

建物の竣工(2月12日)

 現地NGO(CSD)と建設業者がカムリⅡ小学校の5教室、教員等の学校校舎、トイレ、井戸及び図書館の最終チェックが行われ、現地へ問題なく引き渡しできることを確認し、建物が竣工しました。

完成した校舎の外観

完成した校舎の外観

モザイクモニュメント(記念碑)

モザイクモニュメント(記念碑)

教室の内部①

教室の内部①

教室の内部②

教室の内部②

教員室の内部①

教員室の内部①

教員室の内部②

教員室の内部②

トイレ外観

トイレ外観

トイレ内部

トイレ内部

図書館内部

図書館内部

会社名が入ったドナープレート

会社名が入ったドナープレート

開校式

 完成した校舎と図書館ですが、現地行政、現地NGO(CSD)及び小学校と協議した結果、9月に開校式を行い、その後使用開始することになりました。
 理由としては、もともと2つの分校を1つに統合するのがカムリⅡ建設の狙いであり、先行して当社が5教室を支援したのがきっかけとなり、ベトナム政府が残り8教室の建設を今年の4月に開始することが決定しました。
 ベトナムでは近年、行政の効率化が国の目標になり、教育分野では、分校を本校に統合することが効率化の手段として推進され始め、さらに急速な国の発展に伴い、国を担う人材育成のために、教育の質が求められるようになったことが背景にあります。結果として9月には13教室の新キャンパスとして、2つの分校の生徒全員が集結できるようになったことから開校式を9月に行うことを決定しました。また、ベトナムの学校の新学期は9月で新学期から新キャンパスを始動させることが現地の学校としての希望であったためです。
 校舎への机・椅子などの備品設置、図書館への備品・本の設置、植栽や花壇の整備は8月に実施する予定です。