サービス案内service

保育園

子どもたちのおいしい笑顔と未来のために

初めて家庭から離れて、遊び、学び、生活する保育園や幼稚園。子どもたちにとっては家庭と同様に「生活する場」であり、そこでの食事は、心身両面からの成長に大きな役割を担っています。「おいしく」「楽しい」ことはもちろん、アレルギーへのきめ細かな対応や一人ひとりの好き嫌いなどへの配慮も欠かせません。当社では、子どもたちそして職員の方々とのふれあいを大切に、きめ細かな配慮の行き届いた給食の受託・運営を行っています。

一人ひとりに応じて離乳食を提供します

離乳食への対応

乳幼児期は、「食べること」、「遊ぶこと」、「休養をとること(睡眠)」が生活の大きな柱であり、適切に「食べること」を通して体とともに心も豊かに育っていきます。初期・中期・後期・完了期のそれぞれに合った離乳食を提供します。料理の柔らかさ、細かさ、味付け、安全性を重視し、園児の成長を見守ります。

食物アレルギーをもつ子どもの安全を第一に考えたアレルギー食への対応

アレルギー食への対応

未来を担う子どもたちのへの給食は、おいしさや栄養バランスはもちろん、食物アレルギー対応や衛生管理にも特に気を付けたいところです。施設管理者の方や現場の保育スタッフ様と密にコミュニケーションをとり、HACCPに基づいた衛生管理と学校給食衛生管理基準を遵守するだけでなく、マニュアルを作成しています。基礎から具体的な対応までスタッフへの教育を徹底し、厳密な管理のもとでアレルギー対応食(除去食)を提供しています。

食の大切さを知ってもらえるように食育を推進しています

園児たちが楽しめるよう、また食に対する関心や知識を深めるため、食育イベントを定期的に実施しています。「地産地消メニュー」では、野菜や豆腐など地元産の食材を使用した献立を提供しています。このような食育イベントを通して、四季の恵みを味わう楽しさを知り、住んでいる地域への理解を深めてもらうお手伝いをしています。
また、食材のトッピングによる実習や園庭で収穫した野菜を使用するなど園児の食育を啓蒙しています。当社では、調理室と保育室から連携を密にとって食育について発信をすることで、子どもたちと保護者へ食育の大切さを理解してもらえると考え、園児と保護者に向け講演も行っています。

食育01
食育02

導⼊事例

Comming Soon