サステナビリティSustainability

ダイバーシティの推進

ダイバーシティの推進への取組み

ニッコクトラストグループは、年齢、性別、学歴、国籍、職種、性的マイノリティ(LGBT)、障がいの有無に関わらず、採用・育成・登用の機会を提供し、多様な属性の社員が、それぞれの個性と能力を生かし、会社の発展に貢献しています。全社員が協力し合い、ダイバーシティ(多様性)を積極的に受け入れ、誰にとっても働きやすい環境を整備し、一層の成長を目指します。

女性活躍の推進

株式会社ニッコクトラスト(社長:若生 喜晴 本社:東京都中央区)は「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(通称、女性活躍推進法)に基づき、行動計画を策定しました。

女性活躍推進法においては、「女性管理職の育成」「平均勤続年数の引き上げ」を課題に重点的に取組みます。

女性活躍に関する行動計画は、こちらをご覧ください。

女性活躍に関する情報は、こちらをご覧ください。

団結権と団体交渉権の尊重

当社は、法令や労働協約に則り、「団結権」と「団体交渉権」を尊重するもとで、労働組合と真摯に話し合いを行い、健全な労使関係の構築に努めています。労働組合とは安全・衛生や生産などの経営諸課題、給与・賞与等の労働条件、ワーク・ライフ・バランス等について、定期的に話し合いの場を設けており、組合代表者との意見交換を通じて、労使間の緊密な意思疎通を図っています。

ワーク・ライフ・バランスの推進

当社は労働法令を遵守し、従業員が最大限に能力を発揮できる職場環境の構築に努めています。また、労働組合とも連携しながら、有給休暇の取得を促進するとともに、適正な労働時間管理のもと、長時間労働の削減に努め、仕事と生活の調和のとれた働き方(ワーク・ライフ・バランス)を推進しています。また、働き方改革の取り組みの一環として、有限である時間を最大限有効に活用するとともに、社員個々人の能力を最大限発揮する観点から、勤務制度の拡充を進めており、今年度からテレワーク制度を導入しています。加えて、各部門の事業実態に応じて、独自にノー残業デーを設定するなど様々な取り組みを行い、ワーク・ライフ・バランスを推進しています。