そいむす弁当(ヴィーガン)の販売に協力

サステナビリティ

「そいむす弁当(ヴィーガン)」の販売に協力

ニッコクトラストでは、10月4日と18日にミートフリーマンデーオールジャパン(以下、MFMAJ)が販売した「そいむす弁当(ヴィーガン)」に協力しました。

新型コロナウィルスによる経済が萎縮した状態が続いている中、休業や離職などで収入が減少し、生活に困窮している方も少なくないかと思われます。MFMAJでは、前回(4月・5月)大好評でした 家計サポート「ヴィーガン弁当」 の販売を行う事になり、同団体の特別協賛企業である当社は、ベジエイドやグリーンリカバリーの考えに賛同し、食材の無償提供ならびに当日の調理作業を手伝いました。

当日調理販売に協力したスタッフ
「そいむす」が入った「ヴィーガン弁当」

(担当者コメント)
開店同時から大盛況でした。毎回楽しみにしてくれている方もいたり、たまたま通りかかった家族連れの方たちには、まず100円で帰るという言葉で足を止めてもらい、動物性食材を一切使ってないので環境に良いという説明、おにぎりアクションの話をすると、余計に興味を持ってくれました。久しぶりのイベントでみんな楽しく、ヴィーガンで地球にも動物にも家計にも優しいということをお伝えでき、このようなサポート活動に楽しく参加できました。

10月1日から31日までの1カ月間特定非営利活動法人 TABLE FOR TWO Internationalが主催する「おにぎりアクション」では、当社はSupporting Partnersとして参加しています。当社商標登録「そいむす」を販売することで「ヒトと地球に優しい給食会社」として引き続き持続可能な開発目標に貢献していきます。

(ベジエイドとは)
MFMAJでは、近年注目を集めているヴィーガン(完全菜食)料理やヴィーガンスイーツの提供を通じて、栄養の偏り・動物性過多・過度な添加物・乳卵アレルギーの問題を解決するとともに「ヴィーガン料理は人にも地球にも動物にも家計にもやさしい」ヴィーガン・ベジタリアンとしての立場から要支援生活者への支援を目的に「ベジエイド」を行なっています。この活動が評価され第7回環境省グッドライフアワード実行委員会特別賞を受賞しました。

   ※ 調理作業および販売中はマスクを着用し、撮影時のみマスクを外させていただきました。